正しく使おうハイドロキノン

正しく使おうハイドロキノン

シミに対して高い効果を発揮することで有名なハイドロキノンですが、間違った使用方法をとってしまうと肌に大きなダメージを与えかねないものです。こちらではハイドロキノンの効果やよくある疑問点などをまとめますので是非参考にしてください。

ハイドロキノンの効果はどの程度出る?

近年注目されている美白のための成分としてハイドロキノンがあります。美白をうたっている化粧品類はたくさんあり、ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、アルブチンやコウジ酸などでは紫外線を浴びてシミになることを防ぐ効果があっても、シミになってしまったものには効果を発揮しません。すでにシミになって肌表面にあらわれてしまったものへの治療は、ハイドロキノンで治す必要があります。ハイドロキノンは、いちごやコーヒーなどの飲食物にも含まれている成分であり、もともと写真の現像の仕事をしていた人たちの手が白くなったことから美白成分として利用されるようになったものです。一般的なハイドロキノン商品はクリーム状になっており、さまざまな濃度で販売されています。濃度が濃いほど効果が出る可能性が高まりますが、肌の弱い人であれば肌トラブルを発生させる可能性もあるので1%など薄いものからスタートするといいでしょう。最高でも5%程度の濃度であり、濃いものに対してはリスクも理解した上で塗ることが重要です。ハイドロキノンは、シミを消すという効果がありながらも、紫外線を浴びてしまえば逆にシミが濃くなってしまうという危険性もあります。以前から海外の人には多く利用されてきたハイドロキノンですが、日本では薬事法によって医療機関でのみの取り扱いだったために一般の人にはなかなか浸透していませんでしたが、2001年の薬事法緩和によって化粧品類としても利用ができるようになりました。医師の診察や指導を受けなくても手軽に手に入れることができるようになった一方で、使い方を間違って逆効果になってしまう例もあります。ハイドロキノンを始める際には、美容皮膚科で正しく治療をすることによって効果を得ることができます。

ハイドロキノンの効果的な使い方

ハイドロキノンは日焼けやシミに対してとても高い効果があります。それだけに使い方に注意が必要です。効果的な使い方を教えます。まず、常識的なことではありますが、しっかり肌を洗ってください。顔の場合はメークしているでしょうから、メーク落とし及び洗顔料で洗います。他の部位の場合もまずはよく洗って下さい。洗った直後は皮膚に水分が多く含まれているために、ハイドロキノンの浸透性がよくなり、思った以上に効き過ぎることがあります。そのため、洗ってから少なくとも5分か10分程度は待って、肌を落ち着かせてからから塗るようにしましょう。もし、何かの事情により待てない場合は、洗った後でクリームなどを塗った上からハイドロキノンを塗ります。これで効きすぎを抑えることが期待できます。とはいうものの、そのような急ぎの状況で使用することはできるだけ控えるのが賢明です。次に、ハイドロキノンは肌全体に塗るわけではありません。シミや日焼けが気になる部分だけに塗ります。塗る量は思った以上に少量です。指示に従って下さい。多く塗ったからといってよく効くわけではなく、かえって肌トラブルの危険性が高まります。用量を守りましょう。そして、塗った後に外出は控えるようにしましょう。これは、ハイドロキノンを塗ると、日焼け止め無しで夏の日中に出歩くのと同じようなことになるからです。従って、最もよいのは夜に塗ることです。どうしても外出する必要があるときは、日焼け止め対策は必須です。ハイドロキノンは、市販品に配合されているのは濃度2%までです。4%から5%くらいまでであれば副作用の可能性もそれほど高まることなく使用できるとされていますが、もちろん個人差もありますから、高濃度は医師の指導のもと使用したほうが安全です。

妊娠中のハイドロキノンの使用について

色白効果の期待される化粧品やサプリメントは、世にたくさんあります。多くの商品の中で、最も信頼性の高いものが、ハイドロキノンです。ハイドロキノンはチロシナーゼを含んでいますが、これは、メラニン色素を合成する酵素の働きにストップをかける役目を果たしているのです。また、メラニン色素の発生源であるメラノサイトそのものを壊す作用も持っています。そのパワーは絶大で、一般の店で売られている美白化粧品の数百倍とも言われています。ただ、強い効果が期待されるだけに、危険性も少なくありません。安易に使用すると、思わぬ副作用に見舞われることがあるかもしれません。考えられる副作用としては、白斑や肌のかぶれなどがあります。そのため、5%以上のハイドロキノンが配合された薬やクリームを買うときには、医師の処方箋が必要になってきます。もし美容皮膚科やクリニックなどで処方してもらったときは、保険適用外の取り扱いとなります。ハイドロキノンを購入するにあたって注意しなければならない点の一つに、海外のサイトから個人輸入で購入することがあります。海外サイトなどを使ったら、高濃度のハイドロキノンでも、医師の処方箋なしに購入することが可能です。もし海外サイトから個人輸入で買った場合は、もし副作用が生じたとしても、その結果については、すべて自己責任で処理しなければなりません。なお、妊娠中の人がハイドロキノンを使うことは、基本的には問題がありません。現在の美白化粧品に含まれているハイドロキノンは濃度が低いですので、その安全性は確認されています。心配だという人は、主治医に相談をしてから使うほうが確かです。胎児のことを優先して考えるのが妊婦のつとめです。