正しく使おうハイドロキノン

シミに対して高い効果を発揮することで有名なハイドロキノンですが、間違った使用方法をとってしまうと肌に大きなダメージを与えかねないものです。こちらではハイドロキノンの効果やよくある疑問点などをまとめますので是非参考にしてください。

ハイドロキノンの治療ならタバコの喫煙習慣を改善

ハイドロキノンは、肌の美白剤と呼ばれるくらい美白成分が強く有効だといわれています。

ハイドロキノンの働きは、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制するだけでなく、メラニン色素を作ってしまう細胞であるメラノサイトそのものを減少させる作用はあります。

美白成分としてはプラセンセンタやビタミンCなども美白に効果があるとされていますが、すでに肌にできてしまったシミを改善するのは難しいとされています。

しかし、ハイドロキノンはシミの予防をするだけでなくすでにできてしまったシミに対しても有効だとされています。

ビタミンA誘導体であるトレチノインとセットで治療を行うことが多く、美白といったらハイドロキノンといわれるくらい効果が高い成分です。

しかし、いくら効果が高くても日常生活においてシミができやすい生活をしていたら元も子もありません。

紫外線対策やスキンケアはもちろんですが、それ以外に大切なのがタバコの喫煙習慣がないかということです。

タバコが体に害があるということは多くの人は熟知されていると思われますが、実は肌にとっても良くないことはご存知でしょうか。

女性の社会進出や核家族化による孤独な子育てなどの影響で、ストレスからか喫煙する女性は増えつつあります。

タバコは体の血流を悪くするほか、せっかく肌に良い成分を摂取してもタバコを吸うことによって破壊されてしまうので、美白を目指したいのであればまずは喫煙習慣を改善することが重要になってくるのです。

タバコを一本数だけで、一日に必要なビタミンCの2倍以上も破壊されてしまうことから、タバコが肌に悪影響を及ぼしている可能性は非常に高いといえます。

もちろん、いきなりやめるというのは難しいこともあるかと思われますが、一日一本ずつでも減らして徐々に諏訪なくなる習慣を身に付けていくことをおすすめします。