正しく使おうハイドロキノン

シミに対して高い効果を発揮することで有名なハイドロキノンですが、間違った使用方法をとってしまうと肌に大きなダメージを与えかねないものです。こちらではハイドロキノンの効果やよくある疑問点などをまとめますので是非参考にしてください。

悩んでいる男性におすすめのハイドロキノン

しみや色素沈着で悩んでいるのは何も女性に限ったことではありません。

最近では、美容意識の高い男性も多く、特に日焼けなどでできたシミや色素沈着に悩み、美白をしたいと考えている人も少なくないのです。

そんな悩める男性には、美白効果が高いハイドロキノンがおすすめといえます。

ハイドロキノンは、シミを作りやすくするメラニン色素の生成を抑制するだけでなく、メラニン色素を生成する細胞であるメラノサイトを防ぐ作用があります。

また、すでにできてしまったシミや色素沈着にも有効なので、美白をしたいと悩んでいる男性に適しているといえます。

しかし、ハイドロキノンは効果が高い分、使い方を間違えると思わぬ副作用が出ることがありますので注意が必要です。

実は、ハイドロキノンを塗った後に紫外線を浴びると、逆にしみができやすくなります。
なぜかというと、ハイドロキノンの作用でメラニンの生成が抑制されているので、紫外線に弱くなってしまっているからです。
メラニン色素は、紫外線や刺激などを受けると、肌を守ろうとして多く生成されるのですが、その作用を抑制しているので肌が守られることがなくなりしみができやすくなるのです。

そのため、営業や仕事で外出する機会が多く紫外線を浴びることが多男性の場合は、朝ではなく就寝前に使用することをおすすめします。

また、どうしても外で紫外線を浴びてしまうという場合には、日焼け止めやサングラスなどでしっかりと紫外線対策を行ってから外出することをおすすめします。

ハイドロキノンは効果が高い分、成分も強いので何か異変を感じたり炎症を起こしたりする場合には直ちに使用をやめて皮膚科などの医療機関で診てもらうようにするのが望ましいでしょう。