正しく使おうハイドロキノン

シミに対して高い効果を発揮することで有名なハイドロキノンですが、間違った使用方法をとってしまうと肌に大きなダメージを与えかねないものです。こちらではハイドロキノンの効果やよくある疑問点などをまとめますので是非参考にしてください。

美白成分として注目のハイドロキノンと透析患者

ハイドロキノンは、肌の漂白剤として注目されている美白成分です。

メラニン色素が生成されるのを抑制する作用のほか、そのメラニンを作るメラノサイトという細胞を抑制する作用もあるので、高い美白効果が期待できる成分です。

また、同じく美肌に欠かせないビタミンCなどはすでに肌にできてしまったシミを改善するのは難しいですが、ハイドロキノンはすでにできてしまったシミに対しても有効だとされています。

ハイドロキノンは、単独で使用するよりもビタミンCやレーザートーニング、トラネキサム酸のない服などとセットで治療を行うとさらに効果が高いとされています。

ただ、効果が高い分成分も強いので、初めて使用する場合はひりひりしたりしますが、使用を続けることで徐々に落ち着いていくことが考えられます。

しばらくたっても炎症や赤みが消えない場合には体質に合わないこともありますので、おかしいなと感じたら早めに皮膚科などに受診するようにしましょう。

ハイドロキノンと合わせて行いたい美白効果の高い施術に、高濃度ビタミンC点滴というのがあります。
高濃度ビタミンC点滴は、サプリメント多食べ物で摂取するよりもダイレクトに体内に入れることができるのでアンチエイジングや疲労回復にも効果が期待できます。

ただ、人工透析を受けている人の場合、高濃度のビタミンCは肝臓に負担がかかりやすいので施術を行うことはできません。

ハイドロキノン自体は透析患者であっても処方してもらうことができるかもしれませんが、内服したり点滴などで体に直接入ってくるタイプの美白施術の場合は、身体に大きな負担がかかることが考えられますので、施術を受ける際には併用しても問題がないかどうかきちんと確認してから行うようにするのは望ましいでしょう。